ファクタリングでの事業資金について

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、自社が保有している売掛債権(売掛金等)を
ファクタリング会社に買い取ってもらうことで、
本来の回収サイトよりも早く資金化する金融サービスです。

取引先が法人ですと、商品やサービスを提供し売掛金が発生しても、
取引条件が例えば月末締めの翌々月の末日に支払う等の条件によって、
すぐに入金されないことはよくあることです。

しかし、仕入や外注費の支払い、自社の給料等経費の支払が、
入金よりも先行することはよくあり、
資金繰りに頭を悩ます中小企業は本当に多いものです。

そこで通常は銀行に融資を申し込むでしょうが、
業績の悪化や税金の未納等を理由に、
必ず資金調達できるとは限りません。

また、審査結果が出るのに時間がかかることもあります。

ファクタリングの場合、買い取りを依頼した企業よりも
売掛先の信用力を重視します。

よって、申込みから実行までが短期間で済むため、
すぐに資金調達をしたいときにも対応できます。

ただ、このファクタリングですが問題点があります。

それは手数料が高いということです。

一般的には15~25%あたりが多いようです。

ファクタリングは融資ではないので、上限金利に抵触することがなく、
そしてファクタリング会社も相当のリスクを負うため高めになってしまうのです。

この様にファクタリング会社も事情も分かるのですが、法外な手数料を取られ、
資金繰りの改善どころか逆に悪化してしまったというトラブルが多発しています。

この様なケースが多いため、
融資獲得プロではファクタリングはお勧めしておりません。

ファクタリングが御社の事業資金獲得の本当の選択肢なのか?

もしよかったら融資獲得プロに相談してみませんか?

無料相談によってファクタリング会社に頼んで損する事なく、
事業資金を作れる可能性が見つかるかもしれませんよ!

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!