無理に使わなくてもOK!事業資金を蓄える必要性とは?

ビジネスを行っていると、予想できない出費が出るときがあります。

銀行は本当に必要な時にお金を貸してくれません。

なので「借りられるときに借りる」ことをお勧めしています。

おカネを借りるのはよくないことだ、借金は悪だと考える方も多いですが、
「借りてでもおカネを持つ」ことの意味についてお話をしていきます。

おカネが無ければ潰れてしまう

縁起でもないことを言いますが、
会社・事業が潰れてしまう理由とはなんでしょう?

いちばんの理由はおカネです。
おカネが無くなったときに会社・事業は潰れます。

売上や利益が減るのも困りますが、
おカネを持っている限りは潰れることはありません。

逆に、売上や利益がいくらあろうと、
おカネが無ければ潰れてしまいます。

黒字倒産… 話では聞くといった方も多いかもしれませんが、
実際問題利益は出てるのに黒字倒産してしまう会社は多いのです。

元請けや出店先のプラットフォームが潰れ、
支払いが大幅に遅れたり回収できなくなるケースは実は多いのです。

勿論その間にも従業員の給料や仕入れなど、
入金前に支払う経費は多いので持ちこたえられないで潰れるのです。

また、永く会社・事業をしていれば、
いつなんどきなにが起こるかはわかりません。

景気悪化、不祥事、風評被害、得意先の倒産、自然災害などなど…
危機は突然に訪れます。

そんなとき、「再起までの時間稼ぎ」に役立つものがおカネです。
おカネがあればあるほど、より長い時間、粘ることができます。

でも、おカネを持っていなければ? 
あっという間に危機に飲み込まれて潰れてしまいます。

おカネさえあれば、再起できたかもしれないのに・・・
というケースは少なくないのです。

おカネが無ければ潰れてしまうことはわかった。

ならば、おカネが無くなったら借りればいい、
と思うかもしれませんがそれは間違いです。

困ったときにおカネを借りることはできません。

銀行は、貸したおカネを返してくれそうな
相手にしか融資をしないからです。

銀行が融資をする際の「元手」は預金者からの預金です。

だいじな預かり物を、イチかバチかで
「困っている相手」に貸すわけにはいきませんよね?

貸したおカネを返してもらえなければ、
預金者からの引き出しに耐えられず大混乱になります。

「困った時に貸してほしい…なのに貸してくれない。貸し渋りだ!」
というのは、借り手側の勝手な解釈であることを覚えておきましょう。

銀行には銀行の、貸し手には貸し手の考えがあります。

借りたいから借りに行く、では借りられません。

借りられるときに借りる

じゃあ、いつ借りるんだ? と言うのなら、
借りられるときに借りる、それが答えです。

借りられるときとは、端的に言えばこうなります ↓

黒字が出ている
負債よりも資産が多い(=債務超過ではない) 

借りたおカネは、利益の中から返済します。

利益が出ていてはじめて、おカネを返済することができる。
ゆえに、黒字であることが求められます(銀行から)。

また、負債よりも資産が多いことは、財務的に健全・安全であることの証です。
逆に、負債のほうが資産よりも多いような会社・事業は危ないと判断されます。

ですから、黒字が出ていて、負債よりも資産が多い状態のときが「借りどき」です

つまり、調子のいいときに借りるのです。

調子がいいときには借りる必要なんて無いとも考えがちですが
調子がいいときこそ借りどきなのです。

利息は高くない

借りられるときに借りる、まではわかったとしても。
まだ納得できないと、よく聴く声が「利息の高さ」です。

おカネを借りたら利息を払わなければいけないではないかと…

それは、あたりまえです。

そのあたりまえの「利息」については、
「おカネが無ければ潰れてしまう」ことに対する保険だと考えましょう。

たとえば。500万円を年利3%で銀行融資を受けることにしたら、
利息はこんな感じです ↓

1年あたりの利息 ・・・ 500万円 × 3% = 15万円
1月あたりの利息 ・・・ 15万円 × 1/12 = 1.25万円
1日あたりの利息 ・・・ 15万円 × 1/365 ≒ 410円

※ 上記は当初利息。長期の融資では、返済が進むにつれて減っていきます。

上記のとおり、1日あたり410円で、
今より余分に500万円の現金預金を持つことができます。

この利息は安心料であり、保険料と考える事が出来ます。

おカネが足りないのではないかと思い悩む社長のストレス。
実際に足りなくなって奔走する社長の人件費、時間ロス・・・

これらを避けるための利息。そう考えれば、
利息も決して高くはありません。

もちろんこれは日本政策金融公庫や銀行で低金利で融資を受けた場合の話であり、
高金利のビジネスローンなどは話が違ってきます。

返済が気にならない範囲で安心して借りる事が大前提です。

 

とはいえ…

銀行は本当に必要な時に貸してくれない

調子が良い時にこそ融資を受けるべき

ここまでお話した融資の大前提のお話を聞いて、
困ってる今こそ事業資金が欲しいといった声も聞こえてきます。

調子が良い時には銀行が貸してくれるのは誰でも分かるかと思いますし、
問題は困った時にどうやって事業資金を増やせるのか?が気になる所だと思います。

しかし、安心してください。

融資獲得プロでは、本当に困ってる今だからこそ
融資を成功させるノウハウを持っていますので、
お気軽に何でも相談してみて下さい。

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!