銀行融資・銀行からの借り入れとは?

銀行融資・銀行借入とは、民間の銀行から
事業資金を借り入れる事を言います。

会社を作るための創業資金、会社を大きく発展させるための事業資金など
必要なお金を借りる場合に銀行から融資を受けることが可能です。

もちろん無料で受け取れる助成金ではありませんので、
借り入れたお金は毎月返済しなければいけません。

金利も同時に支払わなければいけません。

ただ、消費者金融などのビジネスローンと違って
銀行融資の金利は1.5%~3.5%程度と非常に低く

利益が1.5%~3.5%という事は無いでしょうから
借りた分だけ事業を拡大させられます。

もし、金利分の利益も出せる自信がないなら、
そのビジネス自体止めた方が正解だと思いますし、
事業資金が今より十倍あれば同じ努力で十倍の結果を出せます。

この様に事業を拡大させるためには、
銀行からの支援は必須になってくるかと思います。

この銀行融資の金利は
会社の経営状況などによって変わってまいります。

売上げや利益が順調であり、負債が少ない会社の場合、
貸し倒れのリスクが低くなるため金利は低くなります。

また、これまで融資を受けていて滞り無く返済ができているというのも
その会社は「確実に返済をしてくれる」とうい信頼があるということなので、
有利な低い金利にして頂ける場合が多いです。

一方で、赤字の会社、負債・債務の多い会社、
創業したばかりの会社・自営業者などは、お金を貸す側から考えると
当然の理論ですが、きちんと毎月返済してもらえないリスクが高くなりますので、
金利を高くしてそのリスクを少しでも軽減しておきたいために金利は高くなります。
(もちろんプロに頼むとこの限りではありません。)

銀行も少しでも多くの金利を得ておけば、
万が一その会社が返済できなくなった時(倒産など)

銀行側は通常よりも多くの金利を返済してもらうことで
回収を少しでも多くすることができるからです。

また、銀行側としては返済してもらえないリスクが高すぎると、
銀行融資をしないという選択をすることになります。

よく勘違いをしてしまう経営者さんは、
借入したお金を自分のお金をだと勘違いしてしまい、
身の丈に合わない事務所に入居してしまったり、 豪華な家具やパソコンを購入したりと
直接経営に関係のないものにまで借りたお金をつぎ込む方を目にします。

もちろん、接客業やサービス業など、
お客様がいらっしゃるスペースにお金をかける必要がある業種もあります。

しかし、普通の事務所用に借入たお金で
そこまで豪華にするのは経営者の自己満足でしかありません。

従業員がある程度快適に過ごせる環境さえ揃っていれば、
十分ビジネスはできるはずです。

せっかく苦労して手に入れた銀行からの事業資金

見栄や自己満足に使う捨て金ではなく、
事業を発展させ家族や従業員を幸せにする生き金に変えてこそ
あなたの経営者としての腕前が試させる所です。

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!