個人事業主の銀行融資.銀行からの借入について

個人・自営業銀行融資

個人事業・自営業者も、銀行融資を受けることが可能です。

ただし、株式会社などの法人に比べると信用度が低くなりますので、
貸し出し条件などがやや厳しくなる傾向はあります。

なお、自営業者は、まずは日本政策金融公庫の
創業融資を検討することが良いでしょう

保証人不要.金利負担が少ないというメリットだけでなく、
自営業者にも積極的に融資を行っておりますので、
借りやすいというメリットがあります。

新規事業者へも融資をおこなってくれますので、
これから商売を始める人は必ず検討したほうがよいでしょう。

何より既に創業して決算を何期も行ってる会社とは違い、
まだ会社にしてないので、決算書決算書自体がありませんので、
決算書の内容や売上規模など会社の状態によって審査しようがありません。

つまり、現在の売上や事業規模によって審査される法人と違い、
創業融資では「これからの人」こそ融資を受けやすいという事です。

代表者の情熱やこれまでの経験をアピールする事で融資が降りますので、
個人事業主.自営業者こそ最初に融資を申し込むにはお勧めの制度なのです。

まず、日本政策金融公庫での融資を行い、
足りない場合は、銀行や信用金庫などへ融資を依頼すれば良いでしょう。

もちろん、借りやすいといっても、
簡単に審査に通りやすいわけではありません。

日本政策金融公庫も銀行と同じように、自己資金の額や事業計画、
経営者のそれまでの経験など様々な観点から審査されます。

何も準備をしないで申し込んだ場合は
ほぼ審査に通りません。

ご自身で事業計画書など作り、数か月準備を行って申し込んだ場合は
10%~20%の審査通過率ですが非常に低い確率である事には変わりありません。

審査に通っても希望額より大幅に低い金額しか降りない事ばかりです。

そして何より怖いのは、一度審査に落ちると金融機関の履歴に傷がつき
次回以降も融資が降りにくくなってしまうという点です。

この様な最悪な事態にならない為に、
初めから専門家のサポートの元で融資準備を進める事をお勧めいたします。

融資獲得プロでは成功確率90%超の実績をほこっておりますので、
安心して融資を受ける事が可能です。

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!