銀行はあなたの味方?それとも敵?

銀行は付き合い方次第で融資を出してくれ、
あなたの会社の救世主にもなる存在です。

しかし、業歴の長い企業ですと、銀行から貸し渋りにあったなど、
銀行に対する嫌な思い出が1つぐらいはあると思います。

だからといって銀行は敵だと
安易に敵に回すようなことはしないで欲しいと思います。

もちろん、銀行には常に頭を下げろと言っているわけではありません。

銀行だって販売先や仕入先と同じ1つの取引先であり
ビジネスパートナーなのですから、
対等な立場でこちらの意見や要望を言うべきですし、
逆に銀行側の考えをしっかり聞くことも必要です。

中小企業に対して冷たい銀行(あるいは銀行員)も中には存在しますけど、
銀行との関係が良好ではないということは、銀行が一方的に悪いのではなく、
企業側にも何らかの問題点があるはずです。

融資してくれない…リスケジュールに応じてくれない…

だからといって銀行は敵だと言うのではなく、
こちらの要請に応じてくれない理由は何か?
今後どうすればいいかのアドバイスを求める姿勢が良いと思います。

試算表や資金繰り表等を用意して定期的に訪問する等、
こちら側から接触する機会を増やす努力も必要です。

銀行員だって敵として接してくるよりも、
ビジネスパートナーとして接してくる経営者の方が好きに決まっています。

それに、経営改善のために必死で努力している経営者の姿を見れば、
できるだけの応援をしたくなるものです。

そのためにも、銀行員と良好な関係を望む姿勢が大切です。

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!