銀行融資の必要書類 事業計画書

損益計算書/貸借対照表の業績/資産状況が良ければ、
法人(個人事業主)の銀行融資を簡単に借りることができます。

しかし、その一方で、業績/資産状況があまり良い状態でないのであれば、
この事業計画書の中身次第で、銀行融資の成否が決まると言っても良いぐらいに、
かなり重要な資料になります。

もし、業績があまり良くない状況で、銀行融資に申し込みをする場合、
事業計画書の中身には、「現状の問題を解決し、今後の事業展望は明るい未来がある」
ことを記載するようにしてください。

たとえ困難な状況であっても、絶対に現状を打破し、近日中に業績改善し、
黒字化を達成できるような計画を事業計画書へ記載すると良いでしょう。

業績が赤字などであまり良くないなら、
絶対に、明るい展望を示した事業計画書を作成し、提出するようにしてくださいね。

ただ、この事業計画書ですが「作る事が目的ではない」といった
当たり前の事を理解する必要があります。

事業計画書を作るだけならインターネットで調べれば作り方が出てきますし、
書類作成の得意な方なら数時間で書き上げてしまうでしょう。

しかし、それでは融資が降りる可能性は非常に低いのです。

融資が降りるか降りないかの最大のポイントは
『銀行が好む事業計画書』があるのか無いのか?

このことが非常に重要です。

融資獲得プロでは銀行融資審査に通過する
事業計画書の作成ノウハウがありますので、
ご心配な方はお気軽にご相談下さい。

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!