銀行融資の必要書類 資金繰り表

資金繰り表とは、企業の現金収入・支出を項目別に通常は月単位で記入したもので、
収支の差額がどのようになっているか、また不足している場合は、
どのように資金を調達し賄っているのかをまとめた表のことをいいます。

資金繰り表は銀行との融資交渉において重要な書類の1つです。

資金繰り表という名称からとても難しく感じますが、
お金の出入りを把握するための表であり、個人でいう家計簿のようなものです。

資金繰り表には決まったスタイルというのはありません。

自社で使いやすい資金繰り表を作ってもいいですし、
インターネットで見つけたものを使ってもいいでしょう。

最近は銀行のホームページで公開していることもあります。

資金繰り表には決まったスタイルはありませんが、
基本的には月単位で作成し、3か月程度の実績とその後6カ月程度の予想を
セットにして作成するといいでしょう。

少なくとも半年程度(できれば1年)先位までの資金繰りは
銀行も把握したいと考えます。

1年程度は予想できるならもちろんそのほうがいいですし、
逆に6か月がどうしても難しいということでしたら、
少なくとも3か月程度は予想してください。

銀行融資を借り入れすることで、資金繰りが改善し、
確実に銀行融資を返済でき、しかも、業績が向上するような
資金繰り計画を作ると良いでしょう。

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!