銀行融資の金利・利率(貸出金利について)

銀行融資を受ける場合は、
当たり前ですが金利負担が伴います。

金利は市場金利も反映されますが、会社の経営状況によって、
一社一社違ってまいります。

黒字企業で安定性のある会社で、評価が高い場合は、
きちんと返してもらえる見込みが高いので、金利は低くなります。

また当然ですが、借りる場所・借りる種類によっても違ってきます。

日本政策金融公庫で借りる場合は、
だいたい3%前後になることが一般的です。

一般の銀行で融資を受ける場合、多くの中小企業の場合、
信用保証協会の保証つき融資を求められます。

その場合保証料が必要となり、年利で条件にもよりますが、
0.3%~2%程度の保証料が銀行の金利に上乗せされます。

ですので、銀行の金利と合わせて概ね一般の銀行で借入をする場合は、
1.5%~4%前後になるでしょう。

プロパー融資(銀行単体の融資)であれば保証料は必要ありませんが、
中小企業や個人の事業でプロパー融資を受けることは難しいです。

かなり深い銀行とのつきあいと優秀な決算内容、
そして信用が必要となります。

返済能力が十分に高いと銀行が認めた
一部の会社の場合のみと考えてよいでしょう。

プロパー融資の場合、その金利は格付けがよければよりプライムレートに近くなり、
1.5%以下~3%程度の金利になります。

なお、ビジネスローンと言われる、簡易な企業向け銀行融資の場合は、
これらの金利よりも遥かに高く、5%~15%程度になります。

金利が1%違うだけでも、総額の費用負担金額は大きな金額になりますので、
金利は少し低いほうが良いかと思います。

借り入れをしたい場合は、ビジネスローンのような
高金利のローンを安易に借りることは避けて、
できるかぎり、金利が低い借り入れを申し込むようにしましょう。

金利負担を最小限に抑えるために、まずは、日本政策金融公庫などの
金利が低い公的金融機関から借り入れることが得策だと言えます。

また、ビジネスローンで借り入れた場合、
少しでも返済が遅れると、担保の差し押さえ=、保証人へのとりたて、
売掛金差し押さえなどされてしまいなす。

特に売掛金の差し押さえは信用失墜につながり、
今後のビジネスに大きな悪影響を与えかねません。

キャッシング、高金利なビジネスローン、ファクタリングなど
安易な借入は絶対にやめましょう。

PAGE TOP
今すぐ無料相談する!